2012年03月01日

新型アルファード【新古車】で割安に

ハイブリッド車でも注目を集める新型アルフォード。
優雅な外観と上質な空間が魅力的です。
実際にみてみると欲しくなりますよね。

メーカー小売価格が300万円〜となっていますが
内容を吟味すると高くないですよね。
ですが、いざ購入となったら出来るだけ値引きをしたいと
考えるのも当然です。

新古車なら値頃感もあるのでうまく利用したいものです。
中古車と違うのはナンバーは取っているが未使用である事。
新車ではないので色などが限られているという
デメリットはありますが、ベーシックなものであればだいたい
揃っているでしょう。

もともと自動車販売店が自社の売り上げを増やすために
自社で購入した事にしている車であり、新車であるけれども
形式上が中古車扱いというだけなので新車を無理に値引きするよりも
安く、乗る方としては新車と遜色無しなのが最大の特徴です。

購入を考えているならこういった手を使ってみるのも一つの方法です。
ディーラーに無理に値引きで嫌がられることなく
安くていいものに出会えるのではないでしょうか。

浮いたお金で、ワンランク上のオプションを
つけることも可能です。
予算と相談してうまく手に入れたいものです。
posted by 新型アルファード【値引き方法】 at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

新型アルファード【値引き】できるのか(時間を区切って検討)

販売店で交渉をする場合、ある程度時間を区切って
臨む事をおススメします。

新車の正規価格からどれくらいの値引きが可能か
見積もりを貰った後、黙って見積書を眺めます。
ディーラーとしてはこちらの顔色をうかがっている訳ですから
再度の値引きが可能であればしびれを切らしてもう
少々値引きを言いだしてくるかもしれません。

この辺りが限界かな?と思ったところで
「○時から仕事が入ってまして・・・また良い条件があれば
いつでもご連絡ください。」という感じで嫌みなくその日の
交渉を終わらせます。

注意したいのは必要以上にねばるのはイメージが
悪くなるだけだということです。
向こうにもまあ手ごたえ有りかな?と思わせるように
機嫌よく打ち切りましょう。

数日後、ノルマを抱えているディーラーであればもう少し引いた額で
連絡をもらえる可能性もあしますし、
1、2週間してから再度電話などを入れてみるのもいいでしょう。

再度交渉をする場合は予算○○円で決めたい
のだけれど・・・・と、契約をしたいという意思をはっきりと
告げましょう。

数日の間に他の販売店を回って見積もりをとってみるのもいいですし、
ネットで見積もりを取ることも出来ますので、ディーラーのペースに
押されることなくゆっくりと自分で検討できます。
posted by 新型アルファード【値引き方法】 at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

新型アルファード【値引き方法】価格を下げるには?

なかなか値引きが少ない新型アルファードですが、
25万くらいを目標に交渉できそうです。
(但しハイブリットは10万程度)

●競合車種との値引き見つもりをとる
●決算期前、月末前は狙い目!
●乗り出し価格を抑える

複数の販売店(経営母体が異なる販売店)で見積もりを取ると
だいたいの値引きの上限が分かります。
また、交渉に自信があるなら競合車種の値引きと合わせて
見積もりを取って交渉に臨む事も有効です。

ディーラーはノルマを抱えていますので
一般的に決算期前や月末前になると
目標台数を意識する為か自然と値引きが大きくなるようです。

しかし、無理な値引き交渉を重ねればディーラーとぎくしゃく
しかねません。車体本体の値引き交渉にばかり力を入れるのではなく、
『乗り出し価格をどれだけ抑えるか』ということに注目しましょう。

車体本体+オプション+登録料などの諸経費+乗りかえの下取り価格
の合計で考え車体以外の値引きや下取り価格のアップに力を入れると
比較的早く損の無い交渉が出来ます。

というのも、ディーラはこれらの合計で儲けを出す様にしていますので
本体の値引きばかり粘るお客にはそこを大幅に値引きして、
オプションの値引きを抑えたり、買い取り価格を低く見積もるからです。

これらを抑えてお得に購入しましょう。
posted by 新型アルファード【値引き方法】 at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。